ブックタイトル週刊ダイヤモンド16年2月13日号_試し読み

ページ
40/48

このページは 週刊ダイヤモンド16年2月13日号_試し読み の電子ブックに掲載されている40ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

週刊ダイヤモンド16年2月13日号_試し読み

Special Feature価格の下落で農民は困窮し、アヘン戦争が70年後に清朝が滅亡する遠因となります。 19世紀、銀の生産過剰で相対的に金(ゴールド)の価値が上昇していました。そこで英国はこう言いだしました。「貿易代金は今後、ゴールドで支払ってくれ」。これが金本位制です。 しかし、実際に金塊を船でロンドンまで運ぶのは面倒ですよね。そこで、各国の商社はロンドンに銀行口座を開設、貿易の決済は口座間取引で行うようになりました。このような経緯で、ロンドンのシティが世界の金融センターと呼ばれるようになりました。 しかし、英国の工業力の優位性は、19世紀後半には陰りを見せ、工業生産力は19世紀末には米国に、20世紀初頭にはドイツにも抜かれてしまいました。その後も金融立国として生き残りを図りますが、衰退の決定的な要因となったのが、1914年から始まった第1次世界大戦でした。 第1次大戦は工業生産力が勝敗を決する総力戦となりました。英米国覇権時代2度の大戦で棚ぼた的に超大国に20C~フランス革命の原因となります。 一方、議会政治が確立していた英国は1694年に中央銀行であるイングランド銀行を創設し、国債を引き受けさせました。さらに、イングランド銀行は企業家たちにも低利で貸し付けを行いました。18世紀後半に起こった産業革命にはこうした背景があったのです。 また、今や世界経済に大きな影響を与える存在となった中国に、覇権国家の中で最初に目を付けたのも英国でした。中国に、産業革命によって大量生産される綿製品を輸出しようと考えたのです。 ところが、周辺国を朝貢国と見なす清朝は自由貿易を認めません。英国は茶や絹を清から輸入していたので、国内の銀が清に流出してしまいます。 そこで英国が考え出したのが、悪名高き「三角貿易」です。植民地のインドで麻薬のアヘンを作らせ、清に密輸。アヘンの代金という形で銀が英国に吸い上げられるシステムを構築しました。 当然、清は抵抗しアヘンを没収します。しかし、英国はこれを口実にアヘン戦争を仕掛けました。ほとんどヤクザです。 戦争に敗れた清は市場開放を余儀なくされ、銀が流出して長期のデフレ不況に苦しみます。農産物大帝国時代以降の覇権の変遷出来事年覇権国ポルトガルスペインオランダ英国米国ロシア西洋列強が世界を牛耳る148814921498151715191558158116001602162116421651165216881760年代17731776178318231840184218611914191619171919192019291930年代19391944194519621975198919911997200120032011パックス・パックス・ ブリタニカアメリカーナポルトガルのバルトロメウ・ディアスがアフリカ南部の喜望峰に到達スペイン女王イサベル1世の支援で航海に出たイタリアのコロンブスがアメリカ大陸を発見ポルトガルのヴァスコ・ダ・ガマがインドに到達ドイツのルターによる宗教改革ポルトガルのマゼラン船隊が世界一周に出発(?1522)英国でエリザベス女王(1世)が即位オランダがスペインとの独立戦争に勝利し独立宣言アジア貿易を目的に英国が東インド会社を設立オランダが東インド会社を設立オランダがスペイン艦隊を攻撃する目的で西インド会社を設立英国で清教徒革命が始まる(?1649)英国がオランダの中継貿易排除を目的に航海条例を制定3次にわたる英蘭戦争が勃発。英国が勝利(?1674)英国で名誉革命が起こり、議会政治を柱とする立憲君主制が確立される(?1689)英国で産業革命が起こるアメリカで英国の植民地支配への反抗を目的としたボストン茶会事件が起こるアメリカ独立戦争が勃発(?1783)パリ条約が締結され、英国が米国の独立を承認米国大統領のモンローがモンロー主義を提唱英国と清の間でアヘン戦争が勃発(?1842)南京条約の締結により、香港が英国に割譲される米国で南北戦争が勃発(?1865)第1次世界大戦が勃発(?1918)オスマン帝国の解体に伴い、サイクス・ピコ協定が締結されるロシア革命が起こり、共産党が権力を掌握、ソ連が誕生パリで第1次世界大戦の講和条約であるベルサイユ条約が締結国際連盟が成立ニューヨーク市場での株価大暴落をきっかけに世界恐慌が始まる英国やフランス、米国等がブロック経済政策を実施第2次世界大戦が勃発(?1945)ドルを世界の基軸通貨としたブレトンウッズ体制が確立される国際連合が成立キューバ危機。米ソ対立はピークにベトナム戦争が終結ベルリンの壁が崩壊ソ連が解体香港が中国に返還される米国で同時多発テロが発生米国を中心とする連合国とイラクとの間でイラク戦争が勃発イラクから米軍が完全撤退週刊ダイヤモンド 2016/02/13 40